中国語

21年3月中国語検定2級に落ちました(残念)。

表題の通り、2021年3月に受験し残念ながら不合格でした。

落ちるとしたらリスニングと思って臨んだ試験だが、皮肉にもリスニングは合格基準。

一方、自信のあった筆記は基準点からマイナス10点。

問4の中国語→日本語がさっぱり(2点/10点)が大きく響いている。

リスニングは合格基準点に達していたが、実際はほとんど残念ながら聴き取れていない。

試験の点数は実際の実力を反映していないと実感した。

同じ問題をもう一度受けて、同じ点数をもらえる自信はない。

一方、自信があった筆記は問5の日本語→中国語がボロボロだった。

ボロボロで12点もらえたのなら、きちんと書けていれば確実に16点はいった感がある。

今回の2級の合格率は38.1%だったので、2級レベルとしては簡単だったのだろう。

正直合格だけ考えれば今回はサービス回だったかもしれない。

しかし、その上を目指しているので今回の不合格はそれはそれとして受け止めて次へ進むしかない。

中検2級に受かっていないのにおこがましいが、直近の目標は21年6月実施のHSK6級180以上。

現状は甘く見積もっても150点レベル。

まだまだなのは理解しているが、なんとか今年中に180点以上取得し22年の全国通訳案内士試験に臨みたい。

それが中国語の直近の目標。

中国語検定2級の筆記はこいつを丸暗記できればまず受かると思う。

created by Rinker
¥2,750 (2023/01/29 02:19:39時点 楽天市場調べ-詳細)

中国語検定2級のリスニングはこれを覚える位に音読。

created by Rinker
¥2,420 (2023/01/28 21:18:18時点 楽天市場調べ-詳細)

HSK6級は過去問をひたすら繰り返している。

created by Rinker
¥3,828 (2023/01/29 02:17:11時点 楽天市場調べ-詳細)

一緒に頑張りましょう。