中国語

中国語検定2級を受験します

2021年6月27日に中国語検定2級を受験予定です。

今回が4回目の中国語検定2級の受験となります。

https://youtailang.com/21年3月中国語検定2級に落ちました(残念)%E3%80%82/

前回の結果はリスニング70点、筆記が60点。

結果だけみると筆記があと10点あれば合格だった。

受験した後の実感としてはリスニングと筆記が逆の点数だったが、実際は上記の通り。

試験の対策としては下記の参考書を利用している。

リスニングは下記の2冊。

created by Rinker
¥2,420 (2023/02/09 01:14:17時点 楽天市場調べ-詳細)

筆記は下記1冊。

created by Rinker
¥2,750 (2023/02/09 07:42:04時点 楽天市場調べ-詳細)

これらを完璧にこなせれば中国語検定2級は受かると思う。

きちんとこなせていないから落ちているだけ。

自分の場合、筆記と比較して特にリスニングが弱点。

筆記は前述の筆記完全マスターの短文暗記に励んでいるので、日本語→中国語作文を含め何とか戦える状態になっている。

一方、リスニングは上記の2冊に取り掛かっており内容を覚えるくらい聞き込んでいる。

同時に特に耳が喜ぶ中国語は音読も取り入れて活用している。

それ以外にはNHK Worldの中国語のポッドキャストと中国語放送を聞いている。

https://www.nhk.or.jp/podcasts/program/nhkworld.html

http://japanese.cri.cn

当然だが、正直ほとんど理解出来ていない。

中国語検定準1級に胸を張って取り組みたいのでまず2級を突破したい。

そのために2級に取り組んでいる感がある。

自分でシチュエーションを作って短い時間だけど中国語脳で会話をしている。

逆に言うと短い時間しか続かない。

内容があっての外国語学習なのは承知している。

それと同時に少しでも流暢に話せたらと思う。

いわゆるペラペラ。

ペラペラは一生の目標だが、先ずは文法的に正しく内容のある話をできるようになりたい。

短文暗記の活用で文章を書くのは嫌いではない。考える時間があるから。

一方、会話はまだまだ怖い。

よく水泳に例えられるが、今の状態はプールに入る前の地上での練習。

練習も大事が、プールに入らないと泳げるようにならない。

溺れないように最低限のスキルを身につけたい。

それが中国語検定2級とHSK6級180点の位置付け。

プールや海に行けるよう、先ずはこれらの試験を突破したい。